Professional Agency ノバリ コンプライアンスへの取り組み

当社のコンプライアンス態勢

2016年5月29日に保険業法が改正され、新たに意向把握義務、情報提供義務、体制整備義務が保険代理店に課せられることとなりました。
当社ではコンプライアンス室および改正保険業法のために設置された保険募集委員会が中心となって態勢整備を進め、引き続き保険代理店としてのPDCAサイクルを回している段階となります。

2017年5月30日には個人情報保護法の改正もあり、個人情報の定義拡大、そして企業としての情報管理の義務が追加されています。また金融庁指針では、フィデューシャリー・デューティーに基づき、保険代理店へも顧客本位の業務運営に関する方針の策定が求められています。このような外部環境をプラスに捉え、よりコンプライアンス体制を盤石にし、お客様からの信頼を勝ち得ていくべく、コンプライアンスへの各種取り組みを行っております。

1)コンプライアンス点検の実施

当社は監査体制を保有していないため、それに代わるコンプライアンス点検を年1回実施し、内部監査に近い機能を持たせております。

2017年のコンプライアンス点検のテーマとしては、「体制整備義務」を取り上げ、体制整備義務を構成する下記3要素に照準を置き、点検活動/指導を行いました。

①「保険募集の業務に係る重要な事項の顧客への説明」の評価
保険募集の中で特に不正等が発生しやすい案件についての募集実態評価。高齢者募集、乗換・転換募集、特定保険契約などを想定。
②「保険募集の業務に関して取得した顧客に関する情報の適切な取扱い」の評価
顧客情報管理規定、情報セキュリティ管理規定に沿った管理運用がなされているかの評価。特に平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法の内容にフォーカスし、各規定記載の各種エビデンスの運用状況、管理実態の実地確認を点検する。
③「二以上の所属保険会社等を有する場合における当該所属保険会社等が引き受ける保険に係る一の保険契約の契約内容につき当該保険に係る他の保険契約の契約内容と比較した事項の提供」の評価
第一分野および第三分野の個人契約について、意向把握確認書の履歴管理(お客様の意向の推移、保険商品の提案証跡)が適切に管理されており、そのPDCAが各部署毎になされている環境にあるかどうかを点検する。キャンペーン募集をターゲットとして想定。

改善通知後の再点検を含めたコンプライアンス点検が完了し、2017年12月現在、来年度に向けた課題抽出、来年度コンプライアンス室の活動計画へフィードバックを行っている状況です。

2)保険募集委員会

2016年からコンプライアンス室の下位組織として運営していた保険募集委員会について、2017年度は金融庁ガイドラインにもある要留意案件抽出の仕組みの構築、各出先・部署のチェック態勢の構築、コンプライアンス点検を通じた募集実態のヒアリングと実態調査を行いました。

活動を通じて捉えた課題解決のために、2018年度はメンバーの改選をし、さらなる募集品質の向上を進めていきます。

3)フィデューシャリー・デューティーへの対応

顧客本位の業務運営に関する方針策定に向け、2018年計画を纏めています。先ずはKPIとして設定する項目を全募集人からヒアリング・整理し、そのKPIとなる項目の計測と評価の方法の検討、方針の策定へと動いていく予定としております。

引き続き募集プロセスの見直し/PDCAサイクルの確立に向け活動していきます。今後もスパイラルによりよい社内ルールの作成に向け継続活動していきます。

より一層強力なガバナンス態勢を構築し、日々お客さまと向き合い、法令に則った円滑な保険募集活動が行えるよう、コンプライアンス体制を機能してまいります。

ノバリ株式会社 コンプライアンス室長

最終更新日:2017年12月1日

企業情報トップへ戻る



このページのトップへ